鬱のチェックをして病気の判断【早めに対処する】

セルフで調べてみる

ナース

日常生活の中でストレスが溜まる

何気ない一日を過ごしているのにもかかわらず気分が落ち込むことや、楽しいことでも一緒に笑い合えることができなかったときは鬱病になっている可能性があります。鬱病は自分自身で自覚できることが少なく、そのまま症状を進行させてしまうことが多いとされているので、少しでも気になったら自分で鬱チェックをして鬱病が進行しているかを確かめておくようにしましょう。鬱病のセルフチェックはインターネットからでも簡単に行なうことができるので、鬱病であるかどうかの判断材料として活用するようにしてください。ネットのセルフチェックならマウスのクリックでチェックを入れることができるので、そのまま診断を進めていけばすぐに鬱病の結果が表示されます。鬱病の可能性が高いと診断結果が出たときは心療外科などの専門クリニックへカウンセリングをしてみるのが良いです。詳しい検査はしませんが、クリニックでも鬱病のチェックリストに記入をして、問診のときに医師が細かく確認をしていきます。医師とカウンセリングを行なった上で鬱病であるときは医師から病名を告げられるでしょう。もし鬱病だった場合、治療法は主に二つありますが基本的にはカウンセリング療法で症状改善へと導いてくれます。日常生活の中で溜まったストレスを発散する場がなければいつまでたっても自分の心の中でモヤモヤしてしまいます。それが次第にストレスとなり蓄積されていくことで鬱病を引き起こしてしまう確率が高くなってしまいます。誰かに話そうとしても家族や知人に話せない悩みがあれば、専門クリニックの医師に相談をしてみましょう。話の内容によっては適切なアドバイスをもらうこともできるので、そのアドバイスをもとに今後の人生を変えるきっかけづくりをすることも大切です。また人によっては薬物療法による治療を行なう必要もあるので、薬での治療を希望する場合は医師と相談をしておきましょう。

症状には兆候がある

普段は明るい性格だったのにもかかわらず急にやる気が落ちて何事に対しても意欲を感じない状態が続くと、場合によっては日常生活に支障をきたすことがあります。自宅でなら特に他の人へ迷惑をかけることは少ないですが、仕事場ではチームワークが必須になってくるため鬱病により輪の乱れが生じることで人間関係にひびが入る可能性もあります。普通の人から見たら鬱病の症状が出ている人に対してただ怠けているだけだと思われがちです。鬱病だと分かれば周りからの理解を得られることもできますが、鬱病に気付いていないときは病院に行くこともないため、体調が優れないまま日常生活を送ってしまう人も少なくないのです。体調変化があった場合はすぐに病院へ行って検査をすることが大切です。鬱病を放置すると皿に悪化して悪循環の生活を送ってしまいがちになるので注意が必要です。なかなか症状の原因が分からずどの病院を受診すればよいか分からないときはインターネットで症状について検索をしてみましょう。自分の身体に起きている症状をそのまま検索することで病気の候補が出てきます。そこから自分が鬱病だと判断することもできるので、まずはじっくり調べることからはじめてください。体調が優れなくてもすぐ元に戻るだろうと考えていると悪化することもあるので、自分の身体を大切にするためにも早めの検査を受けましょう。

女性

二種類の症状がある

ストレスによって鬱病を発症してしまう人が多いですが、鬱病の他にも双極性障害になる人が増えています。鬱病と違って双極性障害は躁状態が続くため鬱病と判断しづらいです。セルフチェックをして病気か判断しましょう。

男性

クリニックで治療

鬱病になったときは心療内科で検査をすれば鬱病だと知ることができます。チェックシートに記入をして医師の問診を受けましょう。また鬱病によっては薬も処方されますが、薬の過剰摂取には気を付けてください。

カウンセリング

症状を把握して治療

セルフチェックをして鬱病の判断をしていくようにしましょう。信頼できる医師を見つけるなら情報収集をして気になる病院をチェックしてみてください。鬱病により不安が強い人は専用の薬が処方されます。

笑顔の女性

病気の発見は早めにする

鬱病になっていると自覚をするためにチェックシートへ記入をしておきましょう。鬱病セルフチェックで鬱病の可能性がどのくらいあるのかを調べられます。ストレスによる鬱病は早めに治療をしてください。