鬱のチェックをして病気の判断【早めに対処する】

病気の発見は早めにする

笑顔の女性

自覚していない人が多い

自分が鬱病であることを自覚していない人は病院へ行かずそのまま症状を進行させてしまいます。またセルフチェックをして鬱病の可能性が高かったとしても恥ずかしいからという理由で精神科や心療内科への受診に抵抗があって行っていないという方も多いです。ただの鬱病と考えているとあとで後悔することにもなるので、できれば早めに病院へ受診をして治療を開始していくようにしましょう。セルフチェックはインターネットから行なうことができますが、そのチェックシートで鬱病の可能性が強いときはそのシートをプリントアウトして医師との診察のときに見せておくのも良いでしょう。そうすることで医師も患者が鬱病であるかどうか判断しやすくなります。鬱病であるか判断するために詳しい検査は行わずチェックシートの結果やカウンセリングによる診断が多いです。そのためセルフチェックした結果を医師に伝えておくことは医師にとっても嬉しいことなのです。患者の情報が多ければ多いほどどんな病気になっているか決断しやすくなるからです。自覚していないときは自分で気づくことが少ないため、周りの人が気にかけてアドバイスをすることも一つの手です。もしその人の様子がいつもよりおかしいときは声をかけてみるのも良いでしょう。

不調を認める

鬱病による体調不良が続いてもそれをなんとかごまかしている人もいます。それは今が仕事の大事な時期だからと仕事優先にしてしまっている人が多いからです。仕事場では辛い仕事や上下関係などでストレスを抱える人も多いです。ストレスがきっかけで鬱病に発展することも多いため、普段から仕事が忙しくてストレスを溜めやすい人は鬱病に気を付けましょう。鬱病の症状が出たとしても放置をするのは大変危険です。更に症状が悪化して手遅れになる可能性もあるので、軽度の鬱状態のころから治療を始めるようにしてください。重度の鬱病よりも軽度の鬱病の方が治療完了までの期間が短くなるでしょう。