鬱のチェックをして病気の判断【早めに対処する】

クリニックで治療

男性

まずは専門病院へ行こう

一度鬱病になってしまうと自力で治すのは困難なので、早急に鬱病改善をするためにも専門病院へ行って症状の診断をしてもらって治療をはじめていきましょう。また初めて専門病院へ訪れる人は医師の診察の前にチェックシートへ記入をしていき、それを元に医師が鬱病であるかを判断してくれるシステムとなっています。また病院によってはチェックシートの記入がなくそのまま診察をいう形もあります。チェックシートに鬱病の症状に関する質問を記載しておけば、患者が今までどんな症状に悩んできたのかを知ることができるため、医師としても話を進めやすくなります。医師から鬱病だと診断してもらうためには自分からこれまでの症状について詳しく話をする必要があります。また鬱病の症状が出たきっかけも自分の思い当たる出来事を話しておくと解決法が見つかるかもしれません。もし過度の仕事でストレスを溜めている場合は、鬱病改善のためできる限り休息をとる必要があります。仕事が忙しくて休息が取れないという方は、少しの時間を利用してリフレッシュできるようにしましょう。たまの休みにはエステサロンなどで専門スタッフにマッサージをしてもらって身体の中からリラックス効果を期待するなどの方法もおすすめです。また睡眠が足りていない人はなるべく睡眠をするよう心がけましょう。それでも改善しない場合は今いる環境自体を変えなければならないことになるかもしれません。すぐに環境を変えることができないのであれば、休みの日はなるべくストレスを溜めないよう安静にして心に休息を設けるのが良いでしょう。

薬による治療をする

チェックシートで鬱病と診断された場合、休息を取ることやカウンセリングを受けるだけでなく薬での治療をしていくこともあります。心療内科などで処方されている薬には鬱病の症状である抗うつ状態を緩和させる成分が含まれています。薬を服用することによって抗うつ状態を低下させることができるため、正常な身体の機能を取り戻すことができるでしょう。しかし薬の効果が切れたらまた鬱病の症状が出てしまうので薬に依存してしまう方もいるとされています。ですが心療内科ではそうした薬依存に陥らないために工夫がされています。必要な量だけを処方しているので、それ以上の薬処方を希望したとしても一旦ストップがかかるでしょう。医師の判断により薬を処方してくれるので、薬の過剰摂取をする心配もありません。また薬に頼りたくないときは自分が強い意思を持つことも重要です。薬ばかりに頼ってしまうとセーブが効かなくなるので、なるべく薬を飲まないよう努力をしましょう。