鬱のチェックをして病気の判断【早めに対処する】

二種類の症状がある

女性

症状を理解しよう

日常的なストレスを抱える人は多いですが、それをうまく発散すれば心の病になることもなく健康的な状態を維持して毎日を過ごすことができます。しかし人間には多種多様の性格があり、ストレスを溜めてもそのまま溜め込み続けてしまう人もいます。真面目な人や責任感の強い人などはこうした症状に悩みやすく、そこから鬱病へと発展して生活にも悪影響となることがあるため早めに治療をして完治をする必要があります。こうした鬱病は珍しいものではなく世界中でも多くの人がストレスによる鬱病になっていると検証データでも報告されています。鬱病を自分で自覚するのは難しいことですが、症状に気付いたときに鬱病であるかどうかセルフチェックをしておくことで自分が鬱病であることを知ることができます。ですがセルフチェックはあくまでも参考の一つとして捉えるようにしておき、本当に鬱病であるかどうかを知るためには鬱病治療を行なう専門クリニックで適切な診察を受けてからにしましょう。鬱病は一つだけでなく大きく分けて二つの種類の症状があるとされているので一つずつ紹介をしていきます。まず鬱病の中でも最も多いとされている抗うつ状態が続く鬱病です。この鬱病はやる気が起きないとともに、自分の趣味に対しても意欲が全くわかないなど気持ちが低下してしまうことが特徴です。今まで楽しかったことでも鬱病になることでやる気をなくしてしまいます。抗うつ状態だけが続く状態のことをそのまま鬱病といいますが、そのほかの呼び名として大うつ病性障害があります。またそれとは異なり、抗うつ状態とともに躁状態が交互に続いてしまうことを双極性障害といいます。

病気であると判断しづらい

双極性障害は通常の鬱病に比べて鬱病であるか自分で判断をするのが難しいとされています。その理由として双極性障害では躁状態になるとやる気が起きて何事にも積極的に取り組みたいという気持ちになり、うつ状態になると躁状態とは反対でやる気が一気になくなり計画していたことも全て丸投げしてしまいたい気持ちになってしまいます。躁状態とうつ状態が交互に起こるため鬱病と分からずただの気持ちの変化だと捉えてしまいがちになるのです。多くの人が考えている鬱病はうつ状態がずっと続くということだと認識している人が多いため、なかなか世間に知られていない症状の一つだといえるでしょう。鬱病でも自分で症状の自覚をすることが難しいとされていますが、双極性障害の場合はもっと判断するのが難しいです。専門クリニックでは鬱病をはじめとして双極性障害であるかどうかもチェックシートに記入をすることで診断をしてくれます。チェックシートに記入をした後は一つずつ医師と確認をしていき、その結果から病名を導きだしてくれるのです。自分が鬱病だと思っていたのにも関わらず双極性障害だと診断されることも多いです。鬱病の種類によって治療法も変わってくるので、正式な病名を知って治療をしていきたい方は必ず専門クリニックで検査を受けるようにしましょう。